今週は〝川崎ウハウハ競馬〟

2012年06月14日 10時00分

【トレセン発秘話】馬券野郎にとって、美浦滞在の最大重要事項は〝おいしい馬情報〟を集めることだが、最大の楽しみは〝おいしいお酒〟にありつくこと。しかし、今週に限っては出歩けない。何せ〝川崎ウハウハ競馬〟が開催されるからだ。

 まずは13日に行われる交流GⅡ関東オークス(10R=ダ2100メートル)。ここは⑭オールドパサデナ(牝3・久保田)の独壇場である。


 何がうれしいって、番頭・尾形助手の「正直、距離が微妙」といった歯切れの悪いコメントだ。これなら人気が抑制されるに違いない。当レースは毎年のように〝中央のマイラー〟が勝っているが、今年はオールド以外の面々はマイラーどころかスプリンター色が強い。さすがにこの中に入ればオールドの万能ぶりが抜けている。頭固定で〝大丈V〟。発走は20時10分だ。

 翌14日はスパーキングナイトチャレンジ(10R=ダ1600メートル)。ここには馬券野郎の隠し玉⑬アイアムノココロ(牝5・奥平)が出走する。

 今週早々、南スタンド前で奥平調教師と会うなり「ようやく走るフジキセキ産駒の体になってきた。木曜は楽しみ」と早くもVサイン。この厩舎はコイウタやアルティマトゥーレといった〝走るフジキセキ産駒〟を出しているだけに、師のジャッジはまさに本物。こちらも買わなきゃ損。発走は20時15分だ。

 週中はおとなしくテレビにかぶりつき。ただし、この2頭で嫌というほど儲けて、週末の福島ネオン街でガブ酒しちゃう算段だ。

(美浦の馬券野郎・虎石晃)

 

※13日発行本紙に掲載したものです