【京都大賞典】クリンチャー「鞍上が替わることをキッカケにしてほしい」

2019年10月03日 20時30分

【京都大賞典(日曜=6日、京都芝外2400メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)注目馬3日朝の表情:栗東】クリンチャーとノーブルマーズの宮本厩舎勢はプール調整。

 宮本調教師「(不振に陥っているクリンチャーについて)稽古はそれなりに動いているのに、競馬にいって結果が出ない。前走(新潟記念=12着)にしても自分でやめている感じで…。(田辺から池添へ)鞍上が替わることをキッカケにしてほしい。(ノーブルマーズについては)今週のラストの反応は良かったように、状態は引き続き安定している。持ち時計のある馬なので、開幕週の高速馬場にも対応できるはず」