園田競馬であの都市伝説が再燃?

2012年06月06日 18時00分

【地力勝負:園田競馬編】古い話で恐縮だが、アラブ優駿(03年まで実施)と、日本ダービーの結果が連動していると競馬ファンの注目を集めた時期がある。アラブ優駿の連番(枠連)のどちらかが日本ダービーでも出るというオカルトだが、極め付きは92年で枠連はともに揃い目の7ー7。ミホノブルボンが逃げ切った年といえば思い出される方も多いだろう。

 あれから20年。今では話題にも上らないが、アラブ優駿を兵庫ダービー(園田競馬:7日(木)10レース)に置き換えて21世紀のデータを調べてみたが、強調するほどの連動性はない。ちなみに今年の日本ダービーは枠連5ー6で決着。5枠ポアゾンブラックと、6枠メイレディでスンナリの結末なら都市伝説が再燃?

 その日本ダービーを初制覇した岩田康誠騎手を祝うセレモニーが、兵庫ダービー当日の7日、岩田騎手本人を迎えて、5レース終了後に競馬場中央ウイナーズサークルで行われる。さらに、最終レース終了後には競馬場西ウイナーズサークルで、ファンへ記念グッズ(岩田騎手サイン入り騎手ズボン、サイン入りレース用アンダーシャツ各10人=兵庫県騎手会提供)のプレゼントもある。乞うご期待。