【高松宮記念】レッツゴードンキ雪辱へ「状態が上がってきた」

2019年03月21日 20時52分

【高松宮記念(日曜=24日、中京芝1200メートル)注目馬21日朝の表情:栗東】今年で4回目の出走。前哨戦として選んだ阪急杯で2着し、7歳にして未だ衰えぬ力を見せつけたレッツゴードンキは、厩舎周りで引き運動のメニューをこなした。

 梅田調教師「7歳牝馬とは思えないくらい馬は元気いっぱいだね。前走でジョッキー(岩田康)が今回を見据えた乗り方をしてくれたし、その後はこちらが思い描いていた通りに状態が上がってきた。昨年のこのレース(2着)では本当に悔しい思いをしたので、何とか雪辱を果たしたい」