悲願のGI初制覇した高松宮記念の週にキングヘイロー死す 福永「感謝しかありません」

2019年03月20日 11時30分

デビュー2年目の福永とのコンビで97年東スポ杯3歳Sを制したキングヘイロー

 2000年の高松宮記念を制したキングヘイローが、けい養先の北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで、19日に老衰のためこの世を去った。24歳だった。

 97年10月に福永とのコンビでデビューし3連勝で東スポ杯3歳S(現2歳S)を制覇した。翌年のクラシックではスペシャルウィーク、セイウンスカイとともに3強の一角として注目を浴び、皐月賞で2着した。続くダービーではスペシャルウィークに続く2番人気に支持された。しかし、レースでは初のダービー騎乗となる福永が予想外の逃げを打ち、ハイペースで直線失速し14着に大敗した。

 その後、福永はダービーに何度も挑戦したが、なかなか勝てずにファンからは“キングヘイローの呪い”とまでささやかれるようになった。「正直、もう勝てないんじゃないか。調教師になって勝つしかないかなと思ったほど」福永にとって高い壁となったが、18年にワグネリアンで悲願のダービー制覇を飾り、自らの手でその呪縛を解いた。

 20日朝に本紙から知らせを聞いた福永は「キングヘイローが…。知りませんでした。もう24歳になっていたんですね。この馬には本当にいろいろな経験をさせてもらったし、騎手としての糧を与えてもらいました。感謝しかありません。結果を出せなかったのは今でも悔いが残っているけど、ただ安らかに眠ってほしいです」とその死をしのんだ。

 また古馬になってからは短距離へと路線変更し、00年高松宮記念では悲願のGI初制覇を飾った。当時、コンビを組んだ柴田善は「高松宮記念は距離短縮したのがはまって、素晴らしい脚を発揮してくれた。とにかく気難しい馬だったというのが一番の印象でした」とキングとの思い出をこう振り返った。

 引退後は種牡馬としてカワカミプリンセス(06年オークス、秋華賞)、ローレルゲレイロ(09年高松宮記念、スプリンターズS)などの活躍馬を輩出。今週の高松宮記念でも産駒のダイメイプリンセスが出走を予定している。競馬界では「死んだ種牡馬の子は走る」との格言があるだけに今週のキングヘイロー産駒の激走に注目か。