【新馬勝ち3歳総点検・阪神】キャノンバローズ 精神面の成長あれば楽しみ

2019年03月19日 16時30分

【新馬勝ち3歳総点検・阪神】土曜(16日)ダート1800メートル=キャノンバローズがゴール前の叩き合いを制した。

 伸び上がるようなスタートで最後方からの競馬になったが、向正面でポジションを上げ、3角ではもう3番手。直線で抜け出しかけた後、内から詰め寄られたものの、最後にもうひと伸びしてみせた。

「エンパイアメーカーの子で気性の難しいところがある。両サイドが牝馬だったこともあってスタートで立ち上がってしまったし、道中も物見をするなど幼い面を見せていた」と斉藤崇調教師は課題を挙げたが…。

 精神面の成長さえ見られれば、昇級してからも楽しみはありそうだ。