【高松宮記念】ロジクライ「どこで脚を使うかがカギになる」

2019年03月18日 21時03分

【高松宮記念(日曜=24日、中京芝1200メートル)注目馬最新情報:栗東】ロジクライの1週前追い切りは坂路で強めに追われて4ハロン49・4―36・4―12・4秒。この時計だから当然併走先着で最後まで脚色もしっかり。元気いっぱい。

 須貝調教師「前走(阪急杯=3着)はスタート後に挟まれて位置を取れなかったけど、初の7ハロン、あの形で崩れなかったのは収穫。稽古は変わらず抜群。6ハロンにも対応できると思うので、どこで脚を使うかがカギになる」