【阪神大賞典】リッジマン「長距離ではどこの競馬場でも安定して走れている」

2019年03月14日 20時32分

【阪神大賞典(日曜=17日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・28天皇賞・春優先出走権)注目馬14日朝の表情:栗東】リッジマンは厩舎周りの引き運動で息を整えた。

 久保智助手「中間速で走るのが得意な馬ではないので坂路では乗っていませんが、普段から(トラックで)長めに乗ることでカバーしています。帰厩当初は少し余裕のあった体も、追うごとに絞れてきました。長距離ではどこの競馬場でも安定して走れていますし、心肺機能の高さを生かして頑張ってほしいですね」