【阪神大賞典】コルコバード「ラストランなので力を出し切るレースを期待」

2019年03月14日 20時30分

【阪神大賞典(日曜=17日、阪神芝内3000メートル=1着馬に4・28天皇賞・春優先出走権)注目馬14日朝の表情:美浦】コルコバードは午前6時の開門と同時に北C(ダート)入り。感触を確かめるようにコースを1周した。

 木村調教師「愛知杯(5着)は適距離とは言えないなかで、よく頑張ってくれた。体調の波が小さい馬だし、今週(13日)のひと追いで良くなるはず。相手は強くなるが、今回は自分のリズムで走れる舞台。今回がラストランなので力を出し切るレースを期待している」