【金鯱賞】エアウィンザーを有馬で使わなかったオーナーの信念が実を結ぶ

2019年03月06日 21時31分

本格化ムードのエアウィンザー

【金鯱賞(日曜=10日、中京芝2000メートル=1着馬に3・31大阪杯優先出走権)栗東トレセン発秘話】競馬サークルでは、先々のローテーションについて質問すると、「あくまで今回の結果次第」という答えが返ってくることが多い。競馬ぶりが良ければ、大きい舞台に使いたくなるだろうし、前哨戦ごときで結果が出ないようでは、予定を変更してひと息入れることもある。どう転ぶか分からないのが勝負の世界。あくまで柔軟に選択肢を残しておくわけだ。

 しかし、金鯱賞にエントリーしているエアウィンザーのオーナーサイド(ラッキーフィールド)は、前走のチャレンジCの時、そういうやり方をしなかったという。

 事前に厩舎サイドに「勝っても負けても休養を入れる」と申し入れ、実際、勝った後、すぐ休みに入った。好位から上がり最速の脚を繰り出して、2着に3馬身差。あんな完璧な勝ちっぷりを見せられたら、普通はグランプリ・有馬記念に使いたくなるもの。担当の上村助手も「自在性のある馬で距離も持つだろうから、仮に有馬記念に使っていたとしても、面白かったと思いますよ」と当時を振り返るが…。その誘惑を断ち切り、宣言通り休養を入れた。ここにオーナーの“大事に使う”信念を見た思いがする。

「まだ14戦しか使っていない馬ですからね。ずっと緩さがあって、精神的にもきつかったのか、以前は競馬でハミを取らないことが多かったんですよ。昨年からようやく緩さが解消してきて、競馬でも真面目に走るようになった。オーナーが大事にしてきてくれたおかげですよね」(上村助手)

 馬がしっかりしたことで、この中間は火曜や金曜の普段の調教でも、ウッド→坂路という密度の濃い調教メニューをこなしているという。

「今度はGIIだし、しっかり負荷をかけていこうということです。今は体もパンパンに張り詰めてますよ。右手前のほうが好きな馬なので、おそらく左回りのほうがいい。4走前の東京(むらさき賞)でも、無理かなってところから差し切りましたから」

 GI馬5頭(アルアイン、ダノンプレミアム ペルシアンナイト、モズカッチャン、リスグラシュー)が揃い、豪華な戦いとなった先日の中山記念は結局、非GI馬のウインブライトが快勝した。同じようにGI馬5頭が登録してきた金鯱賞も、非GI馬のエアウィンザーが強豪をなで斬りにしてしまうかもしれない。