【中山牝馬S】クロコスミア「衰えは感じないし、さらに良くなっている」

2019年03月05日 20時01分

【中山牝馬S(土曜=9日、中山芝内1800メートル)注目馬5日朝の表情:栗東】クロコスミアは坂路で軽めの調整。陣営は巻き返しに力を込めた。

 西浦調教師「中間の動きからも衰えは感じないし、馬はさらに良くなっている。前走(香港ヴァーズ=10着)はびっしりマークされて展開が厳しくなったが、そういうキツい競馬をしたことがいい経験になったはず。今の中山の馬場は合っているし、距離も1800メートルくらいがちょうどいい。改めて期待だね」