【中山記念】ステルヴィオ「1週ごとに動きの質が良化」

2019年02月21日 21時02分

ステルヴィオの分厚くなったトモは成長の証し。右は木村調教師

【中山記念(日曜=24日、中山芝内1800メートル=1着馬に3・31大阪杯優先出走権)注目馬21日朝の表情:美浦】マイルCS制覇以来となるステルヴィオは午前7時の開門と同時に北C(ダート)入り。軽めのダクを踏んでコースを1周。分厚くなったトモは成長の証しだ。

 木村調教師「体重は増えているけど、復帰初戦とすれば成長込みでいい感じ。1週ごとに動きの質が良くなってきた。勝ち鞍がある中山1800メートルはイメージしやすい舞台。先につながる走りを期待したい」