【中山記念】マイネルサージュ 素軽いフットワーク「しまいを生かす競馬で改めて」

2019年02月20日 21時01分

【中山記念(日曜=24日、中山芝内1800メートル=1着馬に3・31大阪杯優先出走権)注目馬20日最終追い切り:美浦】マイネルサージュは南ウッドでグラナタス(3歳500万下)と併入。終始、手応えは楽。フットワークは素軽く、馬体の雰囲気は上々だ(5ハロン67・3―38・3―12・8秒)。

 鹿戸調教師「短期放牧を挟んだが、動きは引き続きいい。ひっかかった前走は参考外。しまいを生かす競馬で改めて」