【京都牝馬S】リバティハイツ 坂路できびきびとした動き「時計のかかる今の京都は良さそう」

2019年02月13日 20時01分

【京都牝馬S(土曜=16日、京都芝外1400メートル)注目馬13日最終追い切り:栗東】リバティハイツは坂路で単走。北村友の仕掛けにラスト12・3秒(4ハロン53・9秒)と末脚を伸ばした。きびきびとした動きが目につく。

 高野調教師「体つきもいい感じだし、順調に調整できています。時計のかかる今の京都は良さそうで期待しています」