【フェブラリーS】過去10年の1番人気馬複勝率は80%

2019年02月12日 21時00分

【フェブラリーS(日曜=17日、東京ダート1600メートル)過去10年ワンポイント】過去10年の単勝1番人気は〈3・2・3・2〉で複勝率80%なら、広い意味での「軸」には据えられようか。2番人気〈2・1・2・5〉、3番人気〈1・2・1・6〉。

 ローテ別ではチャンピオンズC組の3勝、2着2回、3着2回が馬券圏内最多。根岸S組(3勝、2着2回、3着1回)、川崎記念組(1勝、2着3回、3着2回)、東京大賞典組(2着1回、3着4回)、東海S組(2勝、2着1回、3着1回)と続く。

 今年はチャンピオンズCからの直行組が少なく、該当馬はサンライズソア(3着)とノンコノユメ(7着)の2頭だけ。妙味重視で前年の覇者ノンコノユメの復活にかける手も。