東国原英夫氏 “ルール違反”の新井浩文容疑者に「自制すべきだった」

2019年02月04日 13時13分

東国原英夫氏

 4日に放送されたフジテレビ系「バイキング」では、1日に昨年7月に自宅で派遣型マッサージ店の30代女性従業員に乱暴した強制性交容疑で警視庁に逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40=本名・朴慶培=パク・キョンベ)を特集した。

 新井容疑者は、常連の派遣型スパの30代女性従業員を自宅に呼んだ。オイルマッサージを受ける予定だったが、新井容疑者は性的サービスを執拗に要求し、女性が拒否すると、強引にその場に押し倒し、無理やり行為に及んだ。新井容疑者は容疑を大筋で認めているという。

 MCの坂上忍(51)は開口一番「なにやってんだかなぁ」とあきれ顔。事件の経緯が紹介されると東国原英夫氏(61)は「誤解を恐れずに言えば」と前置きした上で、「気持ちは分からないではない」と主張。「でもやっぱり、ルール内でそういうことはしなくちゃいけない」と語った。

 さらに東国原氏は「私も苦い経験がありますから。21年前ですね、これと同じようなではないんですが、風俗関係でした」と自身の経験を振り返り「やっぱりこれはやっちゃいけない。自制するべきだった」と語気を強めた。