【ホープフルS登録馬】主役候補は2戦2勝のサートゥルナーリア

2018年12月17日 11時30分

ホープフルS登録馬

 2018年のJRAを締めるのは、昨年からGIに昇格した第35回ホープフルS(28日=金曜、中山芝内2000メートル)。別表の17頭がエントリーした。フルゲートが18頭のため全馬が出走可能になっている。

 主役候補は2戦2勝のサートゥルナーリア。まだ重賞タイトルこそ手にしていないものの、新馬→萩Sともに着差以上の楽勝だった。加えて魅力は血統面。父は今をときめくロードカナロアで母はシーザリオ。すなわちGI・2勝エピファネイアや朝日杯FS勝ち馬リオンディーズの半弟になる。無傷の3連勝で来年のクラシックへ駒を進めることができるか注目。

 実績ならニシノデイジー。ここまで4戦3勝で、GIIIの札幌2歳S→東京スポーツ杯2歳Sと重賞を連勝中。当時は6番人気、8番人気と評価が低かったが、今回はかなりの人気を集めそうだ。

 他にも未勝利→紫菊賞と連勝し、ルメールが騎乗予定のアドマイヤジャスタ、2000メートルの芙蓉Sを制したミッキーブラック、GIII京都2歳S2着のブレイキングドーンなど、未知の魅力にあふれるメンバーが顔を揃えた。一昨年の勝ち馬レイデオロのように、このレースを足掛かりに飛躍する馬が現れるか――。目が離せない一戦だ。