【朝日杯FS】藤沢和調教師 グランアレグリアは「例えるなら紀平梨花ちゃん! 4回転くらいしちゃうかも」

2018年12月14日 21時02分

真剣な表情で藤沢和調教師(左)の話に耳を傾ける稲富

【朝日杯FS(日曜=16日、阪神芝外1600メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。先週の2歳女王決定戦・阪神JFは盛り上がりましたねぇっ! 女の子の戦いはやっぱり手に汗握る! 勇気をもらう! いやぁ~今後の活躍も楽しみだなぁ…なんて浸っていたら、今週の2歳王者決定戦・朝日杯FSにも女の子が出走するではありませんかっ! これは取材しに行かなくちゃダメでしょっ!? というわけで、今年2度目の美浦トレセンへ、お邪魔してきましたっ。

 強い女の子を管理するのは、笑顔がまぶしい藤沢和先生。競馬場でいつお見かけしても、ニコニコとすてきなスマイルだから「Mr.best of 笑顔(なぜ、ここだけ日本語?)」だと勝手に思ってるんですよ!

「好きなことをやらしてもらってるからね。そりゃあ、笑顔でいられますよ。浅田真央ちゃんとか尊敬してます。嫌なことがあっても、いつも笑顔でいるからね」

 ズッキューン。私も来年の目標は常に笑顔でいること。これにしようかな。グランアレグリアのデビュー2戦はとっても強い競馬で…。きっと本人もニコニコですね!

「この時期はソエが出たりして、馬がまだ弱かったりするものなんだけど、早い時期からあまり調教しなくても健康な馬でした。この中間もなんの不安もなくきてますよ。本当にすごく健康な馬なんです」

 すごいなぁ。それだけ健康だと成長も早いものなのですか?

「そうだね。春よりは全然穏やかになったし、競馬も分かってきたみたい。基本的に走るのが大好きという感じですかね。直前の追い切りは前の馬を目標に、ゴール前だけという内容でしたが、予定通りでしたね。馬場入りする前に後ろ脚が落鉄したんだけど、何も問題なし。大丈夫でしたよ」

 わっ! そうだったんですか!? ちなみに落鉄する場所によって大丈夫だとか、だいじょばないだとかはあるんでしょうか?

「前脚だと良くないよね。ウッドチップは深いから(蹄)鉄のあるなしで、やっぱり爪が傷んじゃうこともある。でも後ろ脚なら案外大丈夫なことが多いんですよ」

 ほぇぇ~っ。とっても勉強になりますし、大丈夫というコメントを聞いて安心しました☆

 先生から見てグランアレグリアはどんな馬ですか?

「クラシックで十分勝ち負けできそうな素晴らしい馬だと思っています。例えるなら紀平梨花ちゃんみたいな子だね。4回転くらいしちゃうかもしれないねぇ(笑い)」

 すんごっ…! これは(グレード制導入後では)初の女の子の勝利が見られるかもしれませんねっ。ワクワク感が高まりっぱなしですが、最後に今回のポイントを教えてくださいっ。

「今回は(長距離)輸送がまずある。それに男馬と戦ってきたといっても、今度はもっと強い馬たちとの競馬になるわけですから。楽ではないですが、頑張ってもらいたいですね」

“4回転”級の末脚を楽しみにしていますっ! 先生、いろいろ丁寧に教えてくださって、ありがとうございました!

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。