【有馬記念1週前追い】サトノダイヤモンド 有終の美へウッドラスト11・7秒「順調にきている」

2018年12月13日 20時32分

【有馬記念(23日=日曜、中山芝内2500メートル)注目馬13日1週前追い切り:栗東】一昨年の覇者サトノダイヤモンド(右手前)はウッドで意欲的な3頭併せ。僚馬2頭を追いかける形で直線は最内に入り、馬体を並べた。時計は6ハロン82・1―11・7秒。実戦並みの追い切りを消化し、気配は上々だ。

 兼武助手「ジャパンC(6着)は時計が速過ぎたなかで、よく頑張っていました。その後もダメージはなかったし順調にきています」

 引退レースへ向けて万全の仕上げを目指す。