【朝日杯FS】ケイデンスコール 坂路で古馬500万下を突き放す「全体的なバランスが良くなった」

2018年12月12日 21時03分

【朝日杯FS(日曜=16日、阪神芝外1600メートル)注目馬12日最終追い切り:栗東】8月の新潟2歳S優勝以来、ぶっつけでのGI挑戦となるケイデンスコール(写真手前)は坂路の併せ馬。古馬500万下を追走する形でスタート、ラスト1ハロンではこれを一気に突き放して先着を果たした(4ハロン52・5―12・5秒)。

 安田助手「成長を促す意味で無理をさせないで、ここ一本に目標を絞ることに。父ロードカナロアと同じように、涼しい季節になって調子を上げるイメージもありましたからね。休養前は幼く見えた体つきも、全体的なバランスが良くなった。それに伴ってストライドの大きな走りができるようになったので」