【富士S】エアスピネル 坂路で出色の脚を披露「力を発揮できる状態」

2018年10月17日 20時23分

【富士S(土曜=20日、東京芝1600メートル=1着馬に11・18マイルCS優先出走権)注目馬17日最終追い切り:栗東】前年の覇者エアスピネルが満を持して秋の始動戦に挑む。昨年は富士Sを制し、続くGIマイルCSでペルシアンナイトの2着、今春のマイラーズCではレコードVのサングレーザーの3着と実力は折り紙付き。デビュー2戦目から重賞を走り続けて15戦、一度も掲示板を外していない安定感を誇り、悲願のGI取り(マイルCS)に向けて前哨戦から負けられない一戦となる。

 この日は朝一番の坂路で単走。4ハロン51・7―12・2秒の時計を刻み、出色の脚を披露した。

 笹田調教師「先週は時計がかかったけど、今日の動きはピリッとしていたね。力を発揮できる状態に仕上がっている。右回りでも左回りでも力を出せる馬。GIに行けるように…」