【菊花賞】グロンディオーズ「順調で折り合いも問題ないタイプ」

2018年10月16日 20時32分

【菊花賞(日曜=21日、京都芝外3000メートル)注目馬16日朝の表情:美浦】グロンディオーズは坂路を2本。夏(信濃川特別=1着)以来のぶっつけとなるが、陣営は仕上がりの良さをアピール。いきなりのGI挑戦でも一歩も引かない構えだ。

 手綱を取った高木助手「順調ですね。何の不安もなくきています。以前から子供っぽい面があったけど、この中間は余計なことをしなくなって気性の成長を感じる。折り合いも問題ないタイプだし、どんな競馬もできるのも強み」