ダービー馬ワグネリアン天皇賞・秋を回避 友道調教師「今は無理をする時期ではないと判断」

2018年10月16日 15時33分

天皇賞・秋を回避するワグネリアン

 来週28日に行われる天皇賞・秋(東京芝2000メートル)に出走予定だったダービー馬ワグネリアン(牡3・友道)が、同レースを回避することになった。16日に友道調教師が明らかにしたもので、前走の神戸新聞杯の疲れが抜け切らず、本調子にはないと判断された。

 近日中にノーザンファーム天栄へ放牧に出される予定で、今後については状態を見ながら決められる。

 友道調教師「前走後も時計は出していましたが、乗っている助手から本来の走りではないと聞きました。まだ先のある馬ですし、今は無理をする時期ではないと判断し、大事を取って今回は回避します」