【スプリンターズS】アレスバローズ 坂路ラスト12・4秒「疲れもなく状態はいい」

2018年09月26日 20時34分

【スプリンターズS(日曜=30日、中山芝外1200メートル)注目馬26日最終追い切り:栗東】今夏のサマースプリントチャンピオン・アレスバローズは坂路で。1週前に強い追い切りを行ったのでこの日は馬なりだったが、1ハロン12・4秒をマーク。雰囲気は上々だ(4ハロン56・2秒)。陣営は仕上がりには納得している様子だ。

 角田調教師「以前は放牧に出して10日前に厩舎に戻して競馬を使っていたけど、最近は落ち着いていて、早めに戻して厩舎で調整ができるようになりました。前走(北九州記念)後の疲れもなく、状態はいいですよ。(今回はGI初挑戦になるが)中山でも勝ち星があるし、当日輸送がないのもいいと思います。状態もいいし、あとはジョッキーに任せるだけです」

 今回コンビを組む藤岡佑騎手「2走(CBC賞&北九州記念=1着)ともすごく強い内容でしたね。順調にきているみたいだし、いかにスムーズな競馬ができるかですね。チャンスをもらったので、頑張りたいです」