【シリウスS】サンライズソア 1馬身半先着にルメール「さすがダート馬という感じ」

2018年09月26日 20時04分

【シリウスS(土曜=29日、阪神ダート2000メートル)注目馬26日最終追い切り:栗東】サンライズソア(写真右)は初コンビを組むルメールを背に坂路で併せ馬。同厩ヤマニンベリンダ(古馬500万下)を1馬身追走する形でスタートし、ラスト300メートルで馬体を並べる。追われてからの手応えの違いは歴然。4か月半の休み明けでも、動きに重苦しさはまったくない。一完歩ごとに差を広げ、堂々と1馬身半先着でフィニッシュした(4ハロン53・4―12・8秒)。陣営は平安Sに続く重賞連勝へ力を込めた。

 ルメール騎手「久々という感じはなかったし、とてもリラックスして伸びてくれた。跳びが大きくて、パワーがあって、さすがダート馬という感じだね。状態も良さそうだよ」

 河内調教師「いい動きだった。コースで長めに乗り込んできたし、仕上がりは問題ない。行く馬がいれば行かせればいいし、ハナにはこだわらない」