藤田菜七子が新馬戦初勝利 今年のJRA18勝目

2018年09月15日 14時29分

ハルサカエで新馬戦初勝利を飾った藤田菜七子騎手

 藤田菜七子(21=根本)が15日、中山6Rで5番人気のハルサカエに騎乗してV。今年のJRA18勝目を挙げるとともに、自身初めてとなる新馬戦勝利を飾った。

 互角のスタートを決めると、押して積極的にハナへ。ゴール前では2着馬の追撃にあったものの、クビ差しのいでゴール板に飛び込んだ。

 手綱を取った菜七子は「前半のレースを見て、今日は多少無理をして前に行っても残れる印象だったので行きました。最後までよく頑張ってくれましたね。初めての新馬勝ちはうれしかったですし、オーナーにとっても初めて持たれた馬ということで、本当に良かったです」と白い歯を見せた。
 これでJRA通算は38勝目。