【セントライト記念】ギベオン 数字以上のスピード感に戸崎圭「躍動感のある動き」

2018年09月13日 21時02分

【セントライト記念(月曜=17日、中山芝外2200メートル=3着までに10・21菊花賞優先出走権)注目馬13日最終追い切り:栗東】ギベオンは初コンビとなる戸崎圭を背にウッドで単走。前後の脚を大きく伸ばして、ゆったりしたラップを刻んでいく。最後まで馬なりだったため、時計(6ハロン84・8―12・4秒)はそう目立つものではなかったが、ラスト1ハロンは数字以上のスピード感。馬体にもメリハリが出ており、秋初戦から力を出せる仕上がり。鞍上も上々の手応えを口にした。

 戸崎圭騎手「躍動感のある動きだった。乗りやすかったし、マイラーという感じもしなかった。レースに行けば、もう少し気持ちが入ると思う」