【セントウルS】ダイアナヘイロー ウッドで優秀時計「やれることはやった」

2018年09月06日 21時01分

【セントウルS(日曜=9日、阪神芝内1200メートル=1着馬に9・30スプリンターズS優先出走権)注目馬6日最終追い切り:栗東】北九州記念1番人気7着からの巻き返しを期すダイアナヘイローはウッドを選択。テンから飛ばしたため、ラスト1ハロンは13・9秒を要したものの、全体時計は6ハロン76・2―38・4秒と優秀なものだ。

 大根田調教師「前走で体が増えていたこともあって6ハロンからやりました。前に(他厩舎の)馬が3頭いたので、馬が行く気になって、ラストは甘くなったけど、トータル的に見れば時計はいいし、動きも悪くなかった。やれることはやったし、あとはレースにいってどこまでやれるかですね」