【京成杯AH】ウインガニオン 坂路で気合注入「やれることはすべてやってきた」

2018年09月06日 20時30分

【京成杯オータムハンデ(日曜=9日、中山芝外1600メートル)】本来の行きっぷりではなかった近2走(中京記念8着→関屋記念12着)を踏まえ、今回初めてブリンカーを着用するウインガニオン。勝てば2年連続でのサマーマイルシリーズ戴冠。陣営も気合が入る。

 この日は坂路でテンからスピードに乗り、ゴール前は一杯に追われて気合を注入された。最後の最後に脚色がやや鈍ったものの、陣営は反撃へ力を込めた。

 西園調教師「時計(4ハロン52・0―13・3秒)的にはこれで十分。ダッシュ力を回復させるため、やれることはすべてやってきた」