【新馬勝ち2歳総点検・新潟】ジャスパージャック センスある走りと息の長い末脚は水準以上

2018年09月05日 21時31分

好位から押し切ったジャスパージャック(手前)

【新馬勝ち2歳総点検・新潟】

★日曜(2日)芝外1800メートル=好位から押し切ったジャスパージャックはセンスのある走りと息の長い末脚が水準以上。

 跳びの大きなフットワークで良馬場の広いコースで持ち味が生きそうだ。

★日曜(2日)ダート1200メートル=勝ったオルトグラフは脚抜きのいい馬場を考えると時計(1分13秒5)は平凡だが、牝馬でもパワー十分のフットワークでダート適性は高い。

「ハートが強い」(M・デムーロ)と勝負根性も大きな武器になる。

★土曜(1日)芝内1400メートル=ドゴールが上々の瞬発力で差し切りV。内ピッタリでロスなく運べた点は大きかったが、それでも一瞬で抜け出した脚はなかなかのものだった。

 少し前半は行きたがっており「距離はマイルくらいまで。このくらいがピッタリ」(津村)と短距離志向ではあるが、単調なスピード馬ではなさそう。

 切れ味を生かしてコンスタントに走りそうだ。