【サマー2000シリーズ】新潟記念5着でメドウラークが王者に

2018年09月03日 21時32分

 2日の新潟記念まで全5戦で行われたサマー2000シリーズは、唯一優勝の可能性があったメドウラークが5着に入って2点加点し、合計点数は13点。優勝条件(13点以上)をぎりぎりで満たしたため、今年のサマー2000王者となった。褒賞金として馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円が交付される。

“殊勲”の丸田は「荒れ気味の馬場で馬群がばらけてくれたのが良かった。最後は止まってしまったけど、インから脚を伸ばせた。(シリーズ優勝の)歴史を途切れさせなくて良かったです。七夕賞を勝って夏にしっかり3回使えたからね。この馬がチャンピオンになってくれてうれしい」。

 同馬はひと息入れて、11月11日のGIII福島記念(福島芝2000メートル)で復帰予定だ。