モレイラが札幌で初リーディング 新潟は石橋、小倉は北村友

2018年09月03日 11時30分

 2日で夏競馬が終了。札幌、新潟、小倉の各開催リーディング(騎手&調教師)も決定した。

 札幌(2開催)は4週間の短期参戦で31勝を挙げたジョアン・モレイラ(34)が2位ルメールに5勝差をつけた。「リーディングを取ることができて非常にうれしいです。札幌では日本での初勝利、初重賞勝利、初リーディングを達成できました。札幌は大好きです」とコメント。トレーナー部門は7勝の堀宣行調教師(50)となった。

 新潟は12勝の石橋脩(34)が初の夏の新潟リーディング。「記念品として贈られた米俵はとても重かったです。新潟は相性が良く好きなコース。この勢いに乗って秋競馬も頑張りたい」。7勝を挙げた木村哲也調教師(45)がリーディングトレーナーとなった。

 小倉は最終週4勝の上積みで19勝とした北村友一(31)。「いい馬に乗せていただいたからこその結果だと思います。これからは自分の技術や人間性を高めて、応援に応えられるようにもっともっと頑張りたい」。激戦のトレーナー部門は6勝の松永幹夫調教師(51)が制した。