【新潟記念】エンジニア「ハンデ重賞なら十分に戦えていい」

2018年08月28日 21時01分

【新潟記念(日曜=9月2日、新潟芝外2000メートル)注目馬28日朝の表情:美浦】5歳にして今回が初めての重賞挑戦となるエンジニアは坂路でサッと汗を流し、翌日の最終追い切りに備えた。陣営は手応えありの口ぶりだ。

 牧調教師「この暑さの中でも元気いっぱい。勝った前走(マレーシアC)より気配はさらに上向いていますよ。過去の対戦比較からハンデ重賞なら十分に戦えていいし、新潟も合いそうなので」