【北九州記念】アレスバローズ「順調な仕上がり」&トウショウピスト「ハナに立つ形がベスト」

2018年08月14日 20時33分

【北九州記念(日曜=19日、小倉芝1200メートル)注目馬14日朝の表情:栗東】2頭出しの角田厩舎勢。

 CBC賞で待望の重賞初制覇を成し遂げたアレスバローズについて角田調教師は「前走は流れに乗った競馬ができて、いいところで外へ出せたことも良かった。一旦は放牧に出して、いつも通り順調な仕上がり。精神面での成長もうかがえる」。

 トウショウピストについても「夏バテは感じられず、前走(CBC賞=7着)より馬のデキはいい。ハナに立つ形がベスト。この馬の良さを出せれば」とアピールした。