【仏GIジャックルマロワ賞】ジェニアル 放馬による外傷のため出走取りやめ

2018年08月04日 19時03分

 12日に仏・ドーヴィル競馬場で行われるGIジャックルマロワ賞(芝直線1600メートル)に出走を予定していたジェニアル(牡4・松永)は4日、調教中の放馬で外傷を負ったため出走を取りやめた。

 同馬を管理する松永幹夫調教師は「本日、現地の調教場で放馬した際に外傷を負ったため、来週末のジャックルマロワ賞への出走は見合わせることにしました。ジェニアルの挑戦を楽しみにしてくださっていたファンのみなさまには申し訳ない気持ちです。一日も早く回復して、ジェニアルの元気な姿を見せられればと思っております。引き続き応援のほどよろしくお願いします」とコメントを発表した。

 なお、ジャックルマロワ賞の勝馬投票券の日本国内での発売は予定通り実施される。