【新馬勝ち2歳総点検・小倉】ブルベアオーロ 素直な気性に幸「距離を延ばしても大丈夫」

2018年08月01日 21時30分

初戦Vのブルベアオーロ

【新馬勝ち2歳総点検・小倉】

★土曜(28日)芝1200メートル=勝ったのはブルベアオーロ。父がキンシャサノキセキ、母父がデインヒルというスピード豊富な血統ながら、パドック、返し馬で燃える面を見せず気性も素直。

 当面の目標は開催最終週のGIII小倉2歳S(9月2日=小倉芝1200メートル)となるようだが、騎乗した幸は「乗りやすくて余計なことをしない。距離を延ばしても大丈夫だと思います」とその後の可能性も感じている。

★日曜(29日)芝1200メートル=九州産限定戦をコチョウジュニア、一般戦をアーデントリーが勝ち上がったが、前者の勝ち時計は1分10秒9で、後者は1分10秒4。

 前出ブルベアオーロの1分09秒4と比較すれば、レースレベルの差はかなりある印象だ。