【ラジオNIKKEI賞】メイショウテッコン 半馬身先着「小回り福島への対応がカギ」

2018年06月28日 20時31分

【ラジオNIKKEI賞(日曜=7月1日、福島芝1800メートル)注目馬28日最終追い切り:栗東】メイショウテッコン(写真手前)は松山を背にウッドでマイハートビートを追走。半マイル標識手前でその差は7~8馬身。それでも道中はムキになる面もなく、間合いを詰め、直線入り口で内から馬体を並べると、余裕の手応えで半馬身前に出てみせた。

 上がり重点の内容とはいえ、ラスト1ハロン11・7秒(4ハロン51・2―37・5秒)のシャープな反応が好調持続を物語る。

 松山騎手「動きは良かったし、落ち着きがあるのもいいですね。広いコースの方がいい馬で、小回り福島への対応がカギ。枠にもよるけど、自分のペースで自然とハナへ行くような形になれば」