【ラジオNIKKEI賞】遅れてきた大物フィエールマン「勝ったら秋の目標はジャパンC」

2018年06月28日 21時36分

馬体のメリハリもグンと良くなったフィエールマン

【ラジオNIKKEI賞(日曜=7月1日、福島芝1800メートル)美浦トレセン発秘話】延べ10週の東京連続開催が終了し、中央競馬はいよいよ本格的なローカルモードへ突入。ふと気になり福島の週間天気予報を調べてみれば、気温は週末まで連日の30度超えである。ミッキーロケット快勝の宝塚記念を踏まえても「格より調子」の格言を重視すべき季節を迎えたのだろう。

「1週前の迫力ある動きを見れば、態勢はもう十分ですね。前走と同じ放牧明けでも体を減らさずに帰厩できた分、今回は調整もスムーズでしたから」

 1週前の美浦でこう言って笑顔を見せたのは、ラジオNIKKEI賞にフィエールマンを送り出す手塚貴久厩舎の名畑俊助手だった。同馬は新馬Vから2か月半ぶりの山藤賞(500万下)を、出遅れながらも2馬身半差の楽勝。重賞級の素質は誰しも認めるところであり、いわゆる“遅れてきた大物”だ。が、最大の懸念は同じくデビュー戦から特別戦を連勝したルヴォワールの半弟という“血筋”かもしれない。初子と2番子は未出走、3番子ルヴォワールもいまだ3戦のキャリアしか積めていないように、一族に共通するのは〝順調であることの難しさ〟だ。

「ルヴォワールは予定したフローラSの回避がつまずきの始まりでした。それだけに“より慎重に”というのが弟のスタンス。ただ、そんな中でも少しずつしっかりしてきた感はあるんです」

 名畑助手の表情が珍しく緩むのも納得。美浦南ウッド5ハロン69秒前後の追い切りをベースにしてきた同馬が、1週前にマークした数字は66秒5。強い負荷をかけられたこと自体が何より好調の証しであり、そのせいか今回は馬体のメリハリもグンと良くなっている。

「自信度? セダブリランテスが勝った昨年は“まあ大丈夫”と思っていたけど、こちらはゲートが課題。十中八九出遅れるから、そこをどうカバーできるか」と慎重に語った手塚調教師。だが、その本音は“負けられない”だ。「ここを勝てるようなら秋はジャパンCが目標になるみたい」とさらなる高みを見据えるのがその証拠である。

 記者は以前、姉も手がける名畑助手に「スケール感満点のルヴォワールの走りを見ると、ゆくゆくはジャパンCで走らせてみたくなるよな」とささやいたことがあったが、その夢はまず弟に託された形。むろん、現状の格はオープン勝ちあるケイティクレバー、メイショウテッコンが上だろう。それでも調子の良さと2キロのハンデ差で、むしろ今回は圧倒する走りを見せてくれると信じている。