【ラジオNIKKEI賞】ケイティクレバー ウッドラスト11・6秒「乗り味はいい」

2018年06月27日 20時04分

【ラジオNIKKEI賞(日曜=7月1日、福島芝1800メートル)注目馬27日最終追い切り:栗東】ケイティクレバーは小林を背にウッド6ハロンから単走追い。道中はスムーズに折り合いがついて鞍上との息はピッタリ。外めを回って最後も馬なりのままラスト1ハロン11・6秒(6ハロン81・6―38・3秒)とシャープに伸びてさすがの動きを見せた。鞍上は動きに関して合格点を与えながらも総合的には厳しいジャッジを下した。

 小林騎手「久しぶりにまたがったけど相変わらず乗り味はいいね。入厩して日が浅く、息遣いがまだかな。何とか使える感じにはなったけど、もう1本欲しい。小回り1800メートルも少し気になるし、今回は割り引きが必要かな」

 オープン・すみれSではのちの皐月賞5着馬キタノコマンドールの2着に入るなど、3歳世代のトップと差のない競馬をした馬。56キロのトップハンデも実力の証明だが、今回は地力に期待というところか。