【ラジオNIKKEI賞】ケイティクレバー「スムーズに折り合いがつけば」

2018年06月26日 21時01分

【ラジオNIKKEI賞(日曜=7月1日、福島芝1800メートル)注目馬26日朝の表情:栗東】京都新聞杯(9着)以来となるケイティクレバーは、小林が手綱を取って坂路を駆け上がった。

 杉山調教師「転厩初戦、放牧明けになるが、緩んだ感じはなく、稽古も動けている。体調は問題ないと思うよ。今回は何が何でもハナを主張する馬がいるので2番手からになるかな。実績を考えればハンデ(最重量56キロ)は仕方ないし、あとは自分のリズムでうまく運んでスムーズに折り合いがつけば」