【新馬勝ち2歳総点検・東京】アンブロークン 時計平凡も大型馬でまだまだ変わってきそう

2018年06月26日 20時01分

初戦Vのアンブロークン(右)

【新馬勝ち2歳総点検・東京】

★日曜(24日)芝1800メートル=アンブロークンはスタートこそひと息だったものの、すぐに巻き返して好位へ。早め先頭から難なく押し切った。

 こちらもスロー&重馬場だったため時計は平凡も、500キロの大型馬で、気性的にも「道中かかったりして幼い」と石川。まだまだ変わってきそう。

 この後はGIII新潟2歳S(8月26日=新潟芝外1600メートル)を視野に入れて調整が進められる。

★土曜(23日)芝1600メートル=エメラルファイトが好位追走から早めに先頭に立っての押し切り勝ち。

 ペースが遅かったため時計は地味だが、後ろから来られるとそれだけ伸びる感じで、まだまだ余力を感じさせた。

 半兄エメラルエナジー(現4勝)、エメラルスター(現3勝)といわゆるクズの出ない血統で、上のクラスでも十分に戦える。