【宝塚記念・後記】6着サトノダイヤモンド ルメール「コンディションも動きも良かった」

2018年06月25日 21時32分

6着に敗れたサトノダイヤモンド

 24日に行われた第59回宝塚記念(阪神芝内2200メートル)で、ファン投票1位、レースでも1番人気に支持されたサトノダイヤモンドは6着に敗れた。

 後方から向正面でポジションを押し上げ、直線入り口では先頭に立つ勢いだったが、最後は伸びを欠いた。

 手綱を取ったルメールは「コンディションも動きも良かったです。ただ、バテた馬の後ろにいたので前に出るのが早くなって、最後は止まってしまいました」と残念そうに振り返った。