【パラダイスS・後記】快勝ショウナンアンセム 本格化アピール

2018年06月25日 21時31分

逃げ切り勝ちのショウナンアンセム(右)

 日曜(24日)東京メイン・パラダイスS(3歳上オープン、芝1400メートル)は、ショウナンアンセム(牡5・田中剛)が2着ロードクエストに2馬身半差で逃げ切り勝ち。前走(多摩川S)からの連勝でオープン入り初戦を飾り、自身の本格化を鮮やかにアピールした。

「前走で逃げていたし、メンバー的にもゲート次第で行こうと思った」

 テン乗りの津村が振り返るように、好スタートを決めて難なくハナへ。3ハロン通過36秒3のマイペースに加えて2番手が4馬身ほど離れた追走となり、展開も味方した。

「リズムを壊さずにいいペースで運べたし、直線は抜群の手応え。これなら、と思った」

 次走はGIII関屋記念(8月12日=新潟芝外1600メートル)の予定。夏の上がり馬に今後も注目だ。