【UHB杯・後記】差し切り勝ちクリーンファンキー 藤岡佑「いい枠とハンデ53キロすべてかみ合った」

2018年06月25日 21時30分

差し切り勝ちのクリーンファンキー

 日曜(24日)函館メインのUHB杯(3歳上1000万下、芝1200メートル)は、2番人気のクリーンファンキー(牝5・鈴木伸)が差し切り勝ち。前半3ハロン33秒1のハイペースの中、中団のインで脚をため、直線は鮮やかに抜け出した。

「追い切りで体調のいいことは分かっていました。いい枠でハンデも53キロとすべてがかみ合ったことで今日は完勝でした」

 この日の6R(アスタービーナス)でJRA通算700勝(現役28人目)を達成した藤岡佑は笑顔でレースを振り返った。