【宝塚記念】タツゴウゲキ「馬体にも張りが出て上積みは十分」

2018年06月19日 21時02分

【宝塚記念(日曜=24日、阪神芝内2200メートル)注目馬19日朝の表情:栗東】昨年のサマー2000シリーズチャンピオンのタツゴウゲキは坂路でキャンター調整。陣営は色気十分だ。

 野田助手「前回(鳴尾記念=10着)は休養期間が長かったうえに、レコード決着でしたからね。ゲート内でガタガタしてスタートも遅れてしまったけど、4角では手応え良く回ってこられて、内容自体は悪くなかった。中間は脚元の不安もなく、馬体にも張りが出て上積みは十分。発馬を決めて自分の競馬ができれば」