【新馬戦】トーセンギムレット 断然人気のベルクワイアに競り勝つ

2018年06月18日 21時30分

ベルクワイア(左)に競り勝ったトーセンギムレット

 2歳新馬戦は東京、阪神、函館で計7鞍行われた。大物感あふれる走りだったのが、日曜(17日)東京芝1600メートルで断然人気のベルクワイアに競り勝った3番人気トーセンギムレット(牡・萱野)。スタートこそひと息だったが、インから徐々にポジションを上げ、ゴール前の叩き合いをクビ差で制した。「まだ体に余裕があるし、いずれはでっかい仕事をしそうな感じがします」と鞍上の岩部はスケールの大きさを強調。次走にGIII札幌2歳S(9月1日=札幌芝1800メートル)が視野に入る。

 同阪神芝外1600メートルはショウリュウイクゾ(牡・佐々木)が1番人気に応えた。浜中は「物見をしてダッシュはひと息だったけど、最後はステッキにしっかり反応してくれた」。母は重賞3勝のショウリュウムーン。次走はGIII新潟2歳S(8月26日=新潟芝外1600メートル)の予定だ。