【宝塚記念】アルバート「ベストの舞台ではないが、距離は守備範囲」

2018年06月18日 20時30分

【宝塚記念(日曜=24日、阪神芝内2200メートル)注目馬最新情報:美浦】アルバートの1週前追い切りは南ウッド5ハロンから3頭併せ最内でびっしり追われて1馬身遅れ。64・5―36・8―12・7秒。やや頭の高さが気になったが、脚さばきに重め感はなく態勢はほぼ整いそう。

 森助手「前走(天皇賞・春=8着)は終始、外々を回らされる展開。結局、外枠が良くなかった感じ。中間は短期放牧に出して先月30日に帰厩。その後は順調に攻め馬を消化しています。今回はベストの舞台ではないが、距離は守備範囲だと思う」