ロードカナロア 史上33頭目の顕彰馬に選定

2018年06月13日 12時21分

引退式で岩田が騎乗しラストランをするロードカナロア(2014年1月)

 JRAは12日、平成30年度顕彰馬にロードカナロアが選定されたと発表した。

 顕彰馬は平成9年4月1日から同29年3月31日の間に競走馬登録を抹消した馬(現役馬および競走馬登録抹消1年未満は対象外)が対象で、その中から投票者数(記者190人)の4分の3以上(143票以上)を獲得した馬が選出される。ロードカナロアは得票数156票(得票率82・1%)を獲得し、平成28年度ジェンティルドンナに続く33頭目の顕彰馬に選定された。

(株)ロードホースクラブ代表・中村伊三美氏「このたびはロードカナロアが選出され、大変うれしく思っております。ロードカナロアは種牡馬としてもファーストシーズンリーディングサイアーを獲得し、産駒の活躍にもますます期待が高まっています。近い将来、ロードカナロアの産駒が栄誉ある顕彰馬に選ばれることを願っています」