【新馬戦】注目の超良血サートゥルナーリア ノーステッキで快勝「距離延びても大丈夫」

2018年06月11日 21時30分

ノーステッキで快勝したM・デムーロ=サートゥルナーリア(左)

 2歳新馬戦は東京、阪神で計4鞍行われた。

 注目度絶大だったのは日曜(10日)阪神芝外1600メートルのサートゥルナーリア(牡・角居)で、単オッズ1・1倍の圧倒的人気に応えた。好位で競馬を進めて直線は前が詰まったが、鞍上は慌てることなくノーステッキで楽々と抜け出した。

「力が全然違ったね。距離は延びてもOKだし、将来性は高いよ」とM・デムーロ。

 母は日米オークス制覇のシーザリオで父はロードカナロア。兄にエピファネイア、リオンディーズのGI馬がいる超良血馬の今後に目が離せない。

 また、土曜阪神芝内1200メートルでアウィルアウェイ(牝・高野)が勝ち、新種牡馬ジャスタウェイ産駒の初勝利となった。