【エプソムC】ダイワキャグニー 重賞初制覇へ万全「中2週でも元気いっぱい」

2018年06月06日 21時07分

【エプソムカップ(日曜=10日、東京芝1800メートル)注目馬6日最終追い切り:美浦】「収穫の多いレースでしたよね。いつもより後ろの位置取りから、直線では狭いところを割るような形で伸びてきてくれましたから」

 ダイワキャグニーを管理する菊沢調教師は前走のメイSをこう振り返る。これまで重賞には5度挑戦してまだ手が届いていないが、悲願のタイトル獲得へ向けて大きな手応えをつかんだ一戦だった。

 この日は南ウッドで単走。直線で追われて6ハロン85・3―69・0―53・6―39・8―13・1秒をマークした。

 菊沢調教師「併せ馬も考えていましたが、気合が乗っていましたからね。しまい重点でメリハリをつけるメニューにしました。中2週でも元気いっぱいです。あとは週末の馬場状態がどうなるか。まだ道悪で走った経験がないので…。ただ、しぶとさのあるタイプですから、こなしてくれないかと思ってます」